グラーテスの久喜葬祭社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に、家族限定など人数制限をする葬儀を推奨する事で感染予防に取り組んで参りました。今後は、本来の葬儀の在り方として、多くの方が故人と最後のお別れが出来るよう運営していきたいと思っております。しかし、これからはインフルエンザの流行と同時に第3波の感染拡大も予想されますので、引き続き感染予防対策に取り組んで参りますので、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

葬儀スタッフはマスクを着用
葬儀スタッフ及び関係スタッフは、マスクを常に着用致しますのでご理解をお願い致します。
また、ご遺族およびご参列者の方にもマスクの着用をお願い致します。

 

参列者の方は、手洗い消毒のご協力
葬儀会場の入り口に、手指消毒用の薬剤を設置しています。消毒液は、葬儀会場に入る時に消毒し葬儀会場から出る時に消毒の最低2回以上のご協力をお願い致します。

 

一般参列者への通夜の対応
ご遺族やご親族以外の一般参列者の方が、通夜に参列した場合には、ご焼香が終わりましたら式場から退場をして頂くようなご案内をさせて頂きます。多くの方が、長時間式場内に滞在していると、感染リスクが高くなりますのでご理解をお願い致します。
ご遺族やご親族以外の一般参列者の方には、通夜ぶるまいのお清めの食事は、ご遠慮頂く事を推奨致します。一般参列者の方には、通夜ぶるまいの代わりとして、お清めセットをお持ち帰るような対応をお願いしております。

 

告別式の対応
この地域の告別式では、ご遺族ご親族そして特別な方のみの参列が殆どですが、多くの一般参列者が告別式に参列する場合には、通夜と同じようなご焼香のご案内をさせて頂きます。また、三密にならないようなご協力をお願い致します。

 

感染予防と厳粛な葬儀を行うバランス
感染拡大防止の為、病院や施設にお見舞いに行けなかったり、最期をみとる事が出来ずに悔やんでいる方が沢山いらっしゃるのも事実です。グラーテスの久喜葬祭社としては、最愛の方との最後のお別れを行う大切なセレモニーを、感染予防と厳粛な葬儀を行うバランスを考えながら、最愛の方とのお別れに後悔が残らないよう、そして満足頂けるよう対応して参りますので、ご理解ご協力をお願い致します。

 

令和2年9月30日発信

有限会社 久喜葬祭社
代表取締役 松永元彦
社員一同